なにわ女の移住奮闘記 ~長野県大町市へ~ › 移住生活 › 移住1周年、「移住」の正直なお話と「移住」に必要な要素とは

2021年01月11日

移住1周年、「移住」の正直なお話と「移住」に必要な要素とは

移住1周年、「移住」の正直なお話と「移住」に必要な要素とは


昨日、1月10日は「移住一周年記念日」でした(笑)

あっという間、やっと
どちらもありの1年間

なのでちょっぴりご馳走と日本酒でお祝い

普通に生活している毎日なのですが、
どこかまだ
旅行にきてる感じがあります。

ここで生活しているという実感がわかない
という気持ちかな

移住者は思ったよりもたくさんいらっしゃいます。
ほんと皆さんにお世話になりながらの1年間
感謝です

この1年
コロナもあって
おそらく大阪にそのままいたとしても
大変だったでしょうね。

「移住」というものが
「タイミング「」と「思い切り」
とても大きな要素なんだということ!!
お伝えしたい。


うちの場合、ある意味 いきなり移住してしまいました。

そして、
~食べてくためになんとか仕事みつけなあかん~
的に、夫が仕事をみつけ今の仕事

そして、
私はスノボで骨折して入院
そのあいだにコロナがあれよあれよと拡大して
~今なにか起業してやるって・・・・~
~無理やね~

もともと起業したいと思い移住してきたのですが
結局、雇われのお仕事をみつけ
仕事に行っています。

これ、一番思ってるのが
骨折してなくて
うまいこと物件があって
お金つぎ込んで
トントン拍子に
起業していたら大変なことになってた。
だって、観光業の起業を考えてたから


コロナ渦の今
観光客はほとんどいません。
「黒部立山アルペンルート」も大変だったと思います。

ある意味「観光」は脆弱な産業なんだなと実感しました。

また、もし1年後の今だったら
逆に「移住」は不安定な要素が多すぎて
移住してなかったかも

だって
~こんな景気悪いのに仕事ないよね~
~外にでれないのに知り合いできないよね~
と考えたと思います。

なので
ある意味
すごい時期に「移住」したと思ってます。

「タイミング」ってあります

そしてもう一つ

「思い切り」はとても必要

安全パイを追いかけていては
移住生活
楽しくない!
でしょう

とりあえず
・いろんなものに顔を突っ込む
・知らないことや知らない人に積極的に出会う


~エイッ~って片目をつぶって入っていける人
向いてるとおもいます(笑)

想像したことと違う
そんなことが日々ありました。

いちばんは「人」「性格」
おそらく大阪って特殊で
「フレンドリー」指標がMAX高い

そこで
営業ウーマンとして
フレンドリーな方々に囲まれて暮らしてきたため
違いがやばい感 ありありでした。
(皆様感謝しています)

ここで出会った
~挨拶してもニコリともしないおじさん~
~お店はいって目があってもいらっしゃいと言わない店員~

車の運転も
世の中では「なにわ」ナンバー怖いみたいに言われてますが
そんなことありません。

~制限速度50キロの雪道を70キロで抜いていく車~
~ピタっつと後にくっついて走ることが普通の車~
毎日、出会ってます。

それも
うちには「なにわ」と「松本」二つのナンバーがあるのですが、
びっくりするくらい
「なにわ」ナンバーの時と「松本」ナンバーの時
周りの車の態度が違います。
あきらかに「なにわ」怖がられてる

わらうわあ

会社にいたっては
一番差があると感じること
「コンプライアンス」

以外でしょうが
「男尊女卑」が強く
びっくりする場面に出会うことあります。

例えば、会議の時に 男性女性混在で座ってるにもかかわらず
「男性」のみまず意見を聞かれることありました。
~え???どうして??~

他には、
就業規則があっても守っていない
サービス残業等はあたりまえ、
昔からのやりかただからそれが普通


地域貢献
人材育成
自然保護
など

大きな会社で仕事している経験がない方が多いため
「コンプライアンス」の意識がない

昔の日本でした びっくり

都会と地方はこんなに違うんだと痛感

けど
ある意味
そこにビジネスチャンスもあると考えます。

「うん、そうだよね~」と思うあなた
是非、移住して田舎においで下さい。

嫌われるかもしれないけど重宝されます。
そういう人が必要だと心から思います。

このままでは
日本の田舎はつぶれてしまう


最後に
子どもたちに教育について
都会との格差がとても大きいと思います。


教科書も作ってる会社で
学習塾運営での仕事もしてた私としては

ひとことでいうと
子どもかわいそう

せっかく自然に恵まれて
それを生かした将来もあるのに
親が生活に一生懸命すぎて
子どもに学ぶことの大切さを伝えていない。

学校のレベルも高くありません。

冗談ではなく
このままでは「外国資本」に
きれいな水や観光資源、
土地も会社も渡ってしまいます。

移住したからわかったリアル
すべての地方が抱えてる問題なのでしょうね。



同じカテゴリー(移住生活)の記事画像
なんとビックリ なりゆきで「くまマップ」を作成してしまいました!
住んでいる人の特権ですね!楽しい春の山菜採りは続く
祝初飛び!!信州まつもと空港 そして初FDA
最近出てます春の味覚 「ふきのとう」は食卓で大活躍
雪国の冬で日常最高に困ること 今までの服や靴が使えない
コロナ対応で改めて感じた「田舎」の特異性について
同じカテゴリー(移住生活)の記事
 なんとビックリ なりゆきで「くまマップ」を作成してしまいました! (2021-04-01 12:00)
 住んでいる人の特権ですね!楽しい春の山菜採りは続く (2021-03-31 17:36)
 祝初飛び!!信州まつもと空港 そして初FDA (2021-03-26 17:46)
 最近出てます春の味覚 「ふきのとう」は食卓で大活躍 (2021-03-22 12:00)
 大町市・白馬村でこんな免許や経験あったら仕事みつかります! (2021-02-16 11:00)
 雪国の冬で日常最高に困ること 今までの服や靴が使えない (2021-02-11 10:38)

Posted by なるちゃん at 11:00│Comments(0)移住生活
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。