なにわ女の移住奮闘記 ~長野県大町市へ~ › 大町のたのしい行事 › 冬の花火は美しい 大町温泉郷夢花火と音の祭典 

2020年02月09日

冬の花火は美しい 大町温泉郷夢花火と音の祭典 

昨日の夜
2020年2月8日(土)

「大町温泉郷 夢花火と音の祭典」に行きました。
花火の祭典だけあって スタートは夜8時

雪が降る中 寒かったあ~~
それも この前に「わっぱらの湯」という温泉に入ってそのまま車で向かいそとのイベントということで
よく湯冷めしなかったなあと思います。

どんなイベントかというと
大町温泉郷に泊まっている観光のお客様のために、地元の人が「たいこ」と「花火」で歓迎するというイベントです。

立山プリンスホテルのすぐ近くにある「森林劇場」が会場でした。

入り口では お願いをかいて灯す「キャンドル」があり、私も 今現在 ふたりの娘が妊婦で夏前にはおばあちゃんになるという立場、
離れているけどいつも心配、ほんと無事に生まれてほしい!!と願い事をかいたのでした。

冬の花火は美しい 大町温泉郷夢花火と音の祭典 
冬の花火は美しい 大町温泉郷夢花火と音の祭典 

イベントは、「流鏑馬太鼓」と「夢花火」と「地酒のふるまい」
ステージの前には寒いので赤々と火がたかれ、真っ暗でキーンとした静寂にパチパチとした焚火の音が響きノスタルジック館満載です。

まずは、「流鏑馬太鼓」
冬の花火は美しい 大町温泉郷夢花火と音の祭典 
冬の花火は美しい 大町温泉郷夢花火と音の祭典 
迫力ありますね。

観光客の方も太鼓の響きに次々と増えてきていました。
太鼓たたくって 目の前で見ることってあんまりないかも。

最後には「県外の方はステージにあがって太鼓たたいてみてください」とリーダーの方からのお許しがあり、
みんな喜んで登ってたたいてました。

太鼓 カッコいいです。これぞ日本って感じ。

日本酒も地酒が三種類
長野県は日本一蔵元の数が多い県だと知り それならばいろいろな種類のお酒があるんだろうと思います。
飲んでみたい。

昨日は「金蘭黒部」をいただいて 飲みました。
マイナス3度の野外で、焚火を見つめながら飲む日本酒は最高
最近 冬キャンプ流行って雪の中でのキャンプなんかもあるけど、このシチュエーションって意外にいいかも。

夜8時45分からはお待ちかねの「夢花火」
空気が乾燥してる冬だからこそ、花火はよりクリアに美しく輝くらしい。

雪山をバックにした「夢花火」
うつくしすぎるでしょ!!
冬の花火は美しい 大町温泉郷夢花火と音の祭典 

今回は18回目というこのイベント
なんと2回目の時にも来ました。懐かしい。

その時はまだ小さな幼稚園と小学生の3人の子供を連れて、大阪から温泉郷の旅館に泊まって

まさか、その16年後にここ大町に住んで(まだあまり実感はないですが・・・)
夫婦二人で夢花火をみるとは。

人生とはどう転ぶか全くわからない(笑)





同じカテゴリー(大町のたのしい行事)の記事画像
北アルプス国際芸術祭 ガイド養成研修に参加してみました
大町市の「あめ市」 混雑の理由はこれ!
同じカテゴリー(大町のたのしい行事)の記事
 北アルプス国際芸術祭 ガイド養成研修に参加してみました (2020-02-23 20:00)
 大町市の「あめ市」 混雑の理由はこれ! (2020-02-11 19:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。