2020年11月17日

移住後いちばんの困った話(笑)不安定すぎるやろ夫の仕事

大阪に帰っておりました。
ブログも久しぶりです。

大阪から戻ると
「寒い!」
「お風呂入りたくない」
(お風呂場が超さむい)
なのですが、

「お水おいしい~~~」
を実感します。


さすが
水道の水が
モンドセレクション金賞


聞いたことないわ!!

着々と冬になってきて
窓からの朝一の景色も雪化粧が美しい



今日なんか日中は日差しが強くて暖かい

先日、夫のいってるスキー場運営会社が
いきなり廃業!か
という記事を書きましたが
そのつづき


NHKや民放各局
地元の新聞にもでてたらしい。

「復活」と。。。。。。

なんやねん!!
つっこみどころ満載です。

やれるんやったら
なんで最初から無理してやらんかったんやろ

働いている人たち
白馬バレー、や観光協会など
イベント会社、旅行会社
スキースクール・・・
思った以上にスキー場には
いろんな職種の人たちが関わっている
ということがわかりました。

やる??
やらない??
現場のスタッフは混乱をきわめておりました。

ちなみに
うちの家も。

だって、この状態で仕事なくなると困ります。
現在は私が働いていないため
今年いっぱいは失業保険もらいつつ
お友達作ったりしてる緩い生活に甘えてた私も
何らかの収入を手に入れなくてはいけない

心をいれかえております。

また 
いつ会社が「辞~める」となるかわからない
不安定さに
思わず笑うしかないという日常です。

これって
移住あるあるなんでしょうか?

実は知り合いで
会社辞める→移住する+起業する 
を予定してた方がいるのですが、
コロナのために状況が一転
会社辞めたものの
先に進めていないというお話も。

コロナ移住
というブームのようなワードもあるけど
おそらくそんなにうまいことはいかない

この地域
観光レジャー産業
思った以上にインバウンドに頼っていたらしい
だから大変

たしかに白馬のスキー場は
4割がたくらい外国からきたスキーヤーやボーダーのことあったよね

夢をもって移住を決意したのに降ってわいた現状(笑)

でも
夫は毎日、この状態でも 
スキー場の仕事に愚痴も言わず出勤しています。


もう何年も
アドレスを
skivaka
にしているだけあって
本物の「スキーバカ」ですね。

白馬のスキー場は外国に比べると
車でのアクセスが簡単で温泉もあって
パウダースノーを楽しめて魅力的

だからこそ
立ち直らせて欲しい★★★
閉めないでほしい★★★

がんばれ~~

  


Posted by なるちゃん at 12:00Comments(0)移住生活大町での仕事