2020年01月30日

信州そば 手打ちそば もらって喜ぶ!

もらった手打ちそば

[手打ちそば」をいただきました。

それも、改修したい物件の見積もりをお願いした▲▲建築のおっちゃんから。

見積もりをお願いしたのは2階建ての古民家、なんと2フロアあわせて約300へーべ
びっくりするような大きな物件。

見積もりの金額をききにいって 高すぎて驚き
1400万円らしい
ひえ~~~~

そんなお金はありません。

とてもいいおっちゃんで、俗にいう「かけた」金額ではなくこの値段。

物件が100年以上前のもののため、ライフライン系がそのまま使えない。

例えば電気
「漏電しますよ」という恐ろしい言葉
いやあ 火事はだめ!!

「ガスは都市ガスですか?プロパンですか?」という私の質問に・・・
「どちらでも」

どういうことだろう???
好きなほうでいいの?

わからないことだらけです。

そんななかで出てきた見積もり。

一番高いのが「2重ガラスに窓ガラス交換」という項目。理解できない

さむいんよね~
寒がりだからゆずることはできへん。

とりあえず見積もりの説明きいて、もちかえる。

一緒に「手打ちそば」も

「1分ゆでたらいいからね」というアドバイスをいただいてゆでてたべると
うわ~~おいし~~

28そばというそば粉8割でうったらしい。

ついでに、おっちゃんからもらった言葉
「そばははまるよ。打つんなら教えるから」

建築会社のおっちゃん
そば教えてくれるらしい。

おしえてもらおうかな~~

毎日わからないことばかり、
この歳になって こんな知らないこと多いって”なんちゅうこと?!”




  


Posted by なるちゃん at 21:31Comments(0)食べ物

2020年01月29日

会社を辞めた生活で毎日ストレスがたまるのはこの気持ち!

会社を辞め毎日がとりあえずは転入の手続きや住宅についての手続き。

市役所では「転入届」にはじまり、「健康保険」「年金」
今まで使っていた口座は長野に支店のない大阪の口座のため、新しく口座開設 「八十二銀行」にしました。
(市役所にもATMあるしね)

次にいくのはハローワーク
会社から送ってきた「離職票」持って行って登録、一日も早く夫に仕事が決まりますように!
だだ、55歳になるというこの年、
なかなか履歴書すら送らせてもらえない。

地元も初心者だからね。
ただ、求人は思った以上にバラエティーに富んでいる。
さすが、「黒部立山アルペンルート」という有名観光地をかかえるだけある。

どうか見つかりますように。

そのためには、車も買わないといけない。
夫婦ふたりが別のところで仕事することになるから それぞれが移動できるように。
お金ないのに 車は必須。
中古車屋さんに聞きに行くしかないですね。

私は起業するための情報さがし。



紹介してもらった物件、気に入ってるしそこで起業できれば・・・
という気持ちは日に日に大きくなる。

しかし、経済的にできるのか?

まずは、
・物件が古いので耐震診断して使えるかどうか判断して
・改修費にいくらくらいかかりそうなのか見積もってみて

とにかく 走り回って毎日いろんな人に聞いてみようと。

ここから「移住奮闘記」の本番
このブログ書いていても先が見えないおそろしさ。

会社員って恵まれている。
毎月、確実に収入があるって 気持ちに余裕があるし。

あ~~~
簡単に移住するもんじゃない!!


これが本音でしょうか?

  


Posted by なるちゃん at 20:00Comments(0)移住生活

2020年01月28日

2020年 白馬スキー場 今シーズン初めてのゲレンデへ

移住して一週間。
2020年1月16日(木)

今シーズン初めてのゲレンデです。

長野県も暖冬で雪にみんな困っています。
白馬のスキー場もそれは同じ。

今日は大阪の家を整理するためにもどっていることもあり、今は大阪でブログを書いていますが、
インスタによると昨日の夜からかなりの雪が降り、10~20センチの降雪が平地でもあった他のこと。

こんなに降らないシーズンあったんだろうか?

先週末までは、私が大好きな白馬岩岳も、栂池も 前面滑走できないという信じられない状態でした。

それでも白馬五竜や47にはなんとか滑るのには困らない雪があり、下のコースも滑走可ということで
1月16日に滑りに行きました。

移住した強みはスキー場が近いこと




白馬五竜 白馬47 スキー場
平日ということもあり、少ないかな?と思いゲレンデに出ると
こんなに人いるん???
という人の多さ。

よく見ると7割がた 外国からのお客様。
昨シーズンもそうだったけど 毎年毎年 外国のスキーヤーやボーダーが増えてきています。

白馬、や日本のスキー場はまさしく海外からのお客様に経済を支えられていると感じます。
これはうれしくもあり怖くもあるという現実ですね。

この日は前日が雪ふったこともあり湿り雪ではあるけどふわふわ
とくに47から五竜への連絡リフトのコースでは標高が高いため気持ちよく滑ることができました。



47の下に降りてきて ランチは定番の「ルイス」のピザ
「信州みそのキノコのピザ」というご当地系のピザを食べて休憩


見渡すと 隣もお向かいも英語!
店員さんも外国の人で英語!

まるでスイスアルプスにいるかのようなリゾート気分で滑ったのでした。










  


Posted by なるちゃん at 12:00Comments(0)スキー&スノボ

2020年01月27日

偶然のおそろしさ(笑) この場所に決めた訳 ②




引き続きです。

この写真が「長野県大町市」のJR信濃大町駅から続くながーい商店街

去年秋、大町市の移住担当者に町の紹介をしてつれてまわってもらったとき、お昼ご飯にぐうぜん古民家を改装した京都の町家のような素敵なお食事場所によりました。

中庭も純和風で、外国の方も見に来るようなドラマにでそうな建築物。
おかみさんも○○美人 素敵

そこで、なんとなくおかみさんと会話
「大阪から移住したいなって色々見て回ってるんです」
「私 起業をしたくって、できれば小さな旅行会社や観光系の仕事をしたいとおもっています」
「こんな素敵な物件残っているんですね」

年末までは九州のとある島の農作物の販売ルートをつくったり、お土産を作って売ったり、体験ツアーのコーディネートをしたりと
もともと知らなかった島の地方創生などのお仕事にかかわってきて、地方の人情や景色、もののすばらしさを伝える仕事をしてきたその経験がやくにたたないかなと。

ちょうど時間がゆっくりしていたこともあり、話し込んでしまったのでした。
すると、
「ちょっと待って! 時間ある?」
「電話してみるね」

どこになんの電話しているのかもわからないまま、
別の方とお会いすることとなりました。
(今考えても不思議です)

食事をおわり、近くの空き物件に案内されて
「ここも明治時代の古い建物なんです」
「改修したらすてきになると思います」
・・・(ほんとそうですよね)
「この方が持ち主です」
・・・(もちぬし???)

えっ え~~~っ

こんな簡単に物件紹介してもらえるん?
不動産屋さんでもなく知らない人に

持ち主さんはこれまた素敵なマダム。明るくてすぐに仲良しになってしまったのでした。

この日から、大阪に帰っても
どちらからともなく電話したり、大町市のイベントや市報の情報誌を送ってきてくれたり
また、12月は
「りんごおいしいのあるから送るね~」とリンゴが箱で届きりんご

いつの間にかえらい仲良しになってました。
年も違うのはですが、気が合うというのはこういうものですね。

北アルプス界隈の7自治体を回り、どこも素敵で逆に決めることもできずだらだらとして 現実に移住するという感じではなかったものが、
このお二人の出会いにより、加速度的に一挙に「移住」というものが現実化したのでした。

おそらく
「いつ引っ越してくるの~~?」というこの言葉が一番こころに響いた気がします。

”どうなるかわからへんけど いってみよか”

ほんと何がきっかけとなるか自分でも笑ってしまいますね。




  


Posted by なるちゃん at 17:00Comments(0)移住生活

2020年01月26日

偶然のおそろしさ(笑) この場所に決めた訳 ①

移住場所って すごく大事なのに 決めるのはほんと大変

一年ほど前から 漠然と 白馬近くでどこかいいところ探したいよね~と情報収集していました。

例えば「体験宿泊」
最初に行ったのは 長野県松川村。

むかしながらの安曇野の自然と街並みをそのまま残す村
農家のおうちに一泊とまり 本当にやさしいご夫婦にお世話になりました。

ただ、物件をきいてみると意外に高い家賃の相場に驚き!
家賃は平均で5万~7万円と・・・

失礼ながら大阪でも中心地でないところだと古い物件ならこのくらいでありそう。
都市圏から退職した方の人気のエリアということもわかりました。

次に行ってみたのは「小谷村(おたりむら)」
大阪からだと白馬の先
有名な「栂池高原スキー場」がある村

冬は2メートルの積雪になる年もあるという。

北アルプスのふもとの中でも 特に山奥の土地
ゆたかな田んぼと畑、

フォッサマグナの地溝帯の真上にあり地震もこわいけど、実際にはそんなには地震は多くないらしい。

一棟貸し古民家の体験施設にやすく泊まれたので 泊まってみました。
快適
快適すぎる!

でもでも冬場のお話を聞き、ここもちょっと無理かと。

村内にある「小谷名産館」でお昼ご飯にそばを食べることにしました。



天ぷらそば

地元の野菜と山菜のてんぷら と手打ちのお蕎麦

おいしい
そばの香りと ぼそぼそするわけでもなくちょうど好きな舌触りのそばでした。
お店のおばちゃんも地元のお話してくれて 旅してるって気持ちになりました。

長野のいろんなとこで「そば」食べてるけど
どこで食べてもおいしい。
(そばについては後日書きますね)

あたりまえに「おいしい」という食べ物になっているんだなと感じます。

こういうことをしながら なんとなく住むこともできるかなと思っていったのでした。

しかし、
なかなか”ここに住むかも”って気持ちにはなりませんでした。
決め手はなかったのです。

この後 私たちは素敵な出会いをしますが、これはつぎに・・・・・・
  


Posted by なるちゃん at 12:16Comments(0)移住生活

2020年01月24日

2020年1月10日 なぜ移住した???

つい年末まで 普通の仕事する会社員として毎日仕事し、子供を育てる という生活を何十年もやってきました。
それも楽しく仕事も順調で 特にやめる理由なし。

なのに 今現在 私は長野県大町市に移住してしまいました。
すごく寒がりなのに・・・

ここは、日本アルプス(飛騨・木曽・・赤石山脈とならった)の
みんなが「北アルプス」とよぶところ、

スキー場で有名な白馬村まで車で25分
ちょう有名な観光地 「黒部立山アルペンルート」の長野側の登り口の町

景色抜群です!!

じゃあなぜに私がここにいるか???

あれは半年前(むかしむかしこんな感じの歌詞がありましたね)
会社から帰った夫が

「今日会社にゆったから」
「え~何を?」
「会社辞めるって」
「やめるって???」
「・・・・」

「今年の年末まででやめることにした」「10月からは有給消化}

体こおりました。

なぜ 相談もなし?
知らんかったけど 年末でやめること。

以前から最後は白馬で暮らしたいといってた夫。
でもみんな似たり寄ったりのこと言ってるし、まさか本当とは・・・

そして 半年後 今になりました。

普通の車で詰めるものだけつんで、まるで夜逃げのように大町市にきたのでした。

~学生ちゃうねん!!~

でも 荷物を運んでベランダから見えるのは素晴らしい山



気持ちを新たに
気分を変えて
~やるだけやるぞ~
とこのブログを書くことにしました。

「なにわ女の移住奮闘記~長野県大町市へ」

リアルタイムで自分の日記代わりに書いていきます。
「移住」に興味ある方 読んでください。

  


Posted by なるちゃん at 14:48Comments(0)移住生活